女声合唱団「花野」
The 20th Concert

2017年  7月23日(日)14:00開演   京都コンサートホール大ホール

指揮  田村忠男 
  ピアノ 小林千恵・竹内孝子   打楽器 上中あさみ・樽井美咲

入場料1000円

1Stage  
アヴェマリア集

  1 S.シュトローバッハ(1990)
  2 ミカエル・ヘッド
  3 アルカデルト
  4 グノー
  5  F.ビーブル

「おめでとう、マリア。恵みに満ちた方。主はあなたとともにおられます」      聖母マリアを讃え、人々への恵みと加護を乞う。カトリック教会の祈りの言葉「Ave Maria」 5曲各々の世界観をお楽しみ下さい。
2 Stage  女声合唱による
「東北地方の三つの盆歌」   信長貴冨 作曲
 1.  相馬盆唄(福島県民謡)  
 2.  西馬音内(にしもない)盆唄(秋田県民謡)  
 3.  さんさ踊唄(岩手県民謡)

         

この作品は2011年の東日本大震災を機に作・編曲されました。 日本人の死生観、宗教観を、盆唄に歌われる風習から捉えています。スタンダードな節回しや歌詞はなく、民謡本来の姿を生かす為、あえて記譜しない方法で編曲されています。その為東北訛りの再現は、そのリアリティの追求を演奏者に委ねてあります。今回、パーカッションのお二人のご協力を得てチャレンジしました。

3 Stage  女声合唱のための「三つの抒情」
 1.或る風に寄せて      立原道造 詩
 2.北の海           中原中也 詩
 3.ふるさとの夜に寄す   立原道造
 

1961年から62年に作曲された三善晃(19332013)の女声合唱処女作として広く親しまれている名作です。夭逝した二人の天才詩人の作品の組曲となっています。

三善自身−−−やさしいひとらよ、と歌い出しを聞いた時の感動を忘れ得ない。女声合唱の肉声の無限の拡がりが、懐かしくも また紛れもない私の音の色をまとった詩句を、私に囁いたので、−−−と残しています。 

4 Stage  ミュージカル& 映画音楽
 1. サウンド・オブ・ミュージック
 2. 雨に唄えば
 3. すみれの花咲く頃
 4. 踊り明かそう (マイ・フェア・レディ)
 5. タラのテーマ (風と共に去りぬ)
 6. ショーほど素敵な商売はない(アニーよ銃をとれ)


 お茶目な修道女「マリア」 下町の粗野な花売り娘「イライザ」  南北戦争を生き抜き、故郷タラで力強く生きる「スカーレット」 素敵な主人公たちに思いを馳せながら、ミュージカル&映画音楽のナンバーをお贈りします。

inserted by FC2 system